RSSフィードを取得

フィード取得はこちら >>

フィードとは? >>

拡張子.htmlと.htmは結局どっちを使うべきか

拡張子.htmlと.htmは結局どっちを使うべきか

最近は圧倒的に「.html」の拡張子を使ってページを作成しているサイトが多いですが、たまに拡張子が「.htm」となっているサイトを見かけることがないだろうか。

正直私は、サイト作りを始めた当初、これの意味がわからずに戸惑った経験があります。

今思えば別にたいしたことではないのですが、何も知らない当時はその微妙に違うことの意味がわからず混乱してしまっていました。
結論を言ってしまえば「.html」も「.htm」も同じHyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ、HTML)だったのですが、それではなぜサイトによって使い分けられているのでしょうか。

その答えは古いOSにあります。
現在パソコンのOSとして広く普及しているWindowsですがそのWindowsのずいぶん古いWindows95以前、3.1、あたりのOS、MS-DOSなどはファイル名に制限がありました。
その制限とはファイル名8文字、拡張子3文字というものです。
8.3形式などと言われています。
ファイルなどを置くUNIXのwwwサーバーなどは8.3形式ではないのですがサーバーに公開する前に自分のパソコンで動作させ、確認することを考えると「.htm」という拡張子にするしかなかったのです。


しかしWindows95以降は最大文字数が255文字まで扱えるようになったことで、
HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ、HTML)の本来の頭文字を取った「.html」が急速に広まっていったと考えられます。


よって今からサイトを作ろうと思っている人は「.htm」「.html」のどちらの拡張子を使っても間違いではないものの、やはり時代の流れに乗るという意味でも「.html」で統一すると良いのではないでしょうか。

当たり前のことかもしれませんが、参考まで・・・

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
本文中でこのページのURLを必ず引用してください。引用がない場合はスパムとして削除されます。

記事ピックアップ

このサイトについて

こんにちは。管理人のタムラジュンペイです。
ウェブログジャパンは気になるニュースやWeb情報を幅広く書いているブログです。できる限り役に立つ情報を発信していければと日々考えております。ご意見、ご感想などお問い合わせは、メールフォームより気軽にどうぞ。
ブックマーク - ウェブログジャパンWebデザインのデータベース無料ゲームのほうもよろしくです。

最近の記事

バックナンバー

トップ > レビュー > 拡張子.htmlと.htmは結局どっちを使うべきか